彩葆光工房

彩葆光工房

下緒、組紐の歴史

刀剣下緒は古くは古墳時代の埴輪にも見られ全て手組みでほとんど道具を使わずに組まれた角紐などがあります。 飛鳥から奈良時代にかけ隋や唐から組紐の技術が渡来し、中でも法隆寺の唐組垂飾や聖徳太子と同品の唐組(矢羽、笹浪)の残片が残り、現...
彩葆光工房

組紐と作品の紹介

唐組 唐組台を用いて平安時代の唐組と同じ組み方で現代のアクセサリーを作ってみました。 強度のある紐ではありませんので飾り紐と考えたほうがよいでしょう。 最も格調が高く美しい紐ですのでどうしても実用にという向きには安打...
彩葆光工房

ごあんない

お問い合わせ ご意見、感想、その他お問い合わせは下記のメールボタンにてお願いします。
彩葆光工房

刀剣下緒の美

元来、日本の刀剣はこれ以上改善の余地の無い優れた武器であると同時に世界に誇れる芸術品でも有ります。またその鍔、縁頭、目貫、小柄、こうがいなどの金工、鞘に見られる漆工芸など工芸の結集した総合芸術品であり、現代においてはそれらの再現に大変な努...